フレッツ光の速度が出ない

TOP

プロフィール

元NTT関係者。
フレッツ光利用環境
マンションタイプ
回線速度:20〜30(70)Mbps/10〜20(40)Mbps
速度に不満はない。

フレッツ光の速度

基本的に速度は環境によるという事を意識する。
環境とは?
パソコンのスペックだったり、パソコンまでの光の環境だったり。

満喫のパソコンは速い!
それは、ハイスペックのパソコンを使っていたり、光の契約そのものが個人向けとは違うから。
ビジネスプランというものがある事を知ろう。
個人が自宅で使うのであれば、50出れば御の字。
普通は20〜30程度。

フレッツ光の申込・各種問い合わせ

フレッツ光の速度に疑問を感じますか?

フレッツ光とは、Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ光ネクストの総称。
東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)の地域IP網へのアクセスを提供するサービス。
以前は、フレッツISDN、フレッツADSLなどがあり、現在も光ケーブルの引き込みができていない地域では利用されている。
速度はユーザ端末で最大100Mbps。
インターネットで動画や音楽を楽しむ場合には必要な速度。
ダウンロード速度が安定して速いので、時間のかかる重いファイルもすぐにダウンロードできる。

ADSLとの違い

ユーザが直接感じるASDLとの違いは速度と料金。
実際の接続の違いは電話回線か光ケーブルかというところ。
ADSLは安価でインターネットを楽しめるが、メールや簡単なネットサーフィン程度。
重たいファイルをダウンロードしようとすると遅い、時間がかかる。
交換局から家が近い場合は速い場合もあるが、光ほどではない。

フレッツ光の光ファイバーは多少料金は高いが、速くて安定している。
インターネットで動画や音楽を楽しむ、大きなファイルをダウンロードするのが速い。
インターネットの速度が速いので、ネットサーフィンももちろん速い。
料金を除けば、何をするのも快適ということになる。

ADSLが利用できる環境でもフレッツ光が利用できないということもある。
光ファイバーは電話回線とは別に回線を引き込んでいるので、自宅の前まで回線がきていない、マンションが対応していないとなると利用できない可能性がある。
回線を引き込む工事をすることで、利用できる場合もある。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。